室内飼いの犬のオシッコのおもらしは放っておくと癖になる

室内犬の場合、どうしても部屋の中でおもらしをする癖がついてしまいがちです。
この飼い犬の部屋の中でのおもらしを放っておくと癖になってしまう恐れがあります。
ですからおもらしが癖になる前にきちんと躾をしなければなりません。

まずよくやるのが通称「うれション」です。
飼い主が帰宅した時などどうしても興奮してお氏kとおw漏らしてしまいます。
そんな「うれション」癖のある飼い犬には、帰宅時にはとにかく無視するのが効果的です。
しばらくして興奮が冷めたころ合いも見て、相手をしてあげるのです。

帰宅した飼い主が愛犬の相手をすることでますます犬は興奮してもおもらしオシコをしてしまいます。
犬に帰宅時には玄関先で興奮する必要がないことを学習させなければなりません。
どうしても、帰宅持にちぎれんばかりに尻尾を振って駆け寄ってくる愛犬委思わず飼い主も名電話したくいなるものですが、そこはグッと我慢です。

また、政権がお漏らしをするのは他の原因の場合もあります。
・いつも叱られて場k砂利でいる
・無視されている
そんな愛情に植えた犬の場合おもらしが多いと言われています。
そうした犬は、
「もっとかまってほしい」
と飼い主の気を引くためにおもらしをするのです。
ですから一生懸命愛情を注いで可愛がってやれば治ることもあります。

また、彦志や部屋の模様替えなどで大きく環境が変わった時にも犬のおもらしは良く起こります。
特に老犬瘀場合は環境の変化に神経質なことも多く、不安を感じやすいものです。
しかも老犬ほど膀胱の括約筋がの能力が低下していておもらししやすいのです。
環境が変わった時ほど、しばらくは以前よりもいっそう可愛がってあげて朗家の不安を取り除いてあげてください。
そうすればおもらしもしなくなります。

とにかう犬のおもらしは要注意です。
単に叱るだけではなかなか治りません。
複数頭飼いの場合、おもらしする犬はいつも決まっているはず。
だからこそ、気を付けて早めにおもらし癖は矯正しましょう。
老犬 夜泣き 死期